本文へ移動

グラビア版について

グラビア版とは

グラビア版の絵柄は細かい窪みの集まりで形成され、窪みの大きさや深さにより色の濃い・薄いが表現されます。この窪みを「セル」と呼びます。
グラビア版は完成して印刷に使える状態になった時点で初めて「版」となり、それまでの状態は「シリンダー」と呼ばれます。
ただし日常的には「版=シリンダー」とした使われ方もあります。

レーザー製版

レーザー光線により感光剤を塗布したシリンダーに直接焼き付けるの製版方式です。
線画や文字の精度が高く医薬品や化粧品のパッケージに向いています。
版の深さは一定なので写真など複雑な諧調には向きません。

電子彫刻製版

一般的には彫刻機のブランド名から「ヘリオ製版」「バルカス製版」などと呼ばれます。
図柄のデータをダイヤモンド針で直接版表面に彫り込む方式で、セルの大きさと深さを調節しながら彫刻できるため、写真などの製版に適していますが、文字などは周囲のギザギザが目立ちます。
 
本社所在地
株式会社ヤマガタグラビヤ
【大阪営業所・本社】
〒581-0038
大阪府八尾市若林町2-99
TEL:072-949-9456
FAX:072-949-9792
TOPへ戻る